今すぐお金を借りる

今すぐお金を借りることのできる業者ランキング

思わぬ急な出費が発生し持ち合わせがない場合どうしますか?
親や兄弟、友達にお金を借りるというのも一つの手ですが頼れない時ってありますよね。
親族や友人から借りるのってなんか後ろめたくて嫌ですよね。

 

借金しているって知られたくないですし・・・でも急ぎでお金が必要だし・・・

 

そんなお急ぎの方に今すぐお金を借りることができるおすすめのキャッシング業者を厳選してピックアップしました。

 

紹介している業者はどれも今すぐ簡単にお金を借りたいというかたのために
インターネット上で全ての手続きが完結するものばかりを紹介しています。

 

店舗に行く必要なく今すぐにお金を借りることができるのは大きな魅力ですよね。
本当に便利な世の中になったものです・・・

 

 

プロミス
<速報>
2014年1月21日より実質年率が6.3%〜17.8%から4.5%〜17.8%に!!
2014年1月21日より借入限度額が300万から500万に!!
ダブルのスペックアップが実現しました!!

 

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)では、取引はすべてインターネット上で完結すること、即日融資(お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。)、安心サポートを公式にて売りにしているまさに今すぐお金を借りたいという方におすすめな業者となっております。またSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)では借入れはもちろん返済についてもマネーアドバイザーが親身になって相談に乗ってくれるので特に初めてお金を借りるという方におすすめな業者です。金利面についても現在30日間無利息サービス(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)を実施中ですので大変お得になっております。返済についてもさまざまなタイプを用意していて非常に便利です。

 

まとめ
・平日14時までにWEB契約完了で当日振込
・14時過ぎても、ネットで申込み後、審査通過後に自動契約機にて借りれます
・土日祝日も、ネットで申込み後、審査通過後に自動契約機にて借りれます
・三井住友銀行(SMBC)ローン契約機でも契約することが可能
・30日間無利息サービス

 

詳細はコチラ

 

 

LPバナー 200x200
モビットの特長は業界でもトップクラスの金利の低さでしょう。また最大借入限度額が大きいのも魅力です。もちろんインターネットで24時間いつでも申し込みできるのも今すぐお金を借りたいという方にとってもおすすめな業者となっております。

 

まとめ
・金利が低い
・借り入れ限度額が多い
・インターネット上で申し込み可能

 

詳細はコチラ

 

 

なお女性の方がキャッシングするならプロミスレディースキャッシングがおすすめです。

 

WEB申し込み後、必ず女性オペレーターが対応してくれますし
パートやアルバイトの方でも今すぐにお金を借りることが出来ますよ!

 

レディース

即日融資を受ける為に知っておくべきこと

今すぐお金を借りたいその前に、知っておくべきことがあります。
お金を借りると聞くとどのようなことを思い浮かべますか?

 

大半の方はわざわざ店舗に行ってそこで待ち順番が来たらカウンターに行き必要事項の説明を受け必要書類を提出するように言われ、家と店舗を何回か往復し数日して審査がおり、ようやく現金でお金を借りれるということを想像してませんか?

 

今は違います。

 

今は、インターネット上ですべてのやり取りが完了しますので今日の今日、つまり申し込んだその日にお金をかりることができる「即日融資」が可能となっております。今すぐお金を借りることが出来るんです!

 

ただしその「即日融資」を受けるに当たりいくつかの手続きと注意点がありますので覚えておきましょう!

 

上記で紹介している業者はWeb上で24時間申し込める業者ばかりですが「即日融資」を受けるためには必要書類を提出する時間が決められており、業者によってまちまちですが、大体14時〜15時あたりをリミットにしている業者が多いです。

 

ですから、午前中に申し込むなど余裕をもって行動しましょう。
 
午前中に申し込めばもし手続き等に不備があった場合にも余裕をもって修正等が可能なので、即日にお金を借りることができます。必要書類は運転免許証、運転免許証がなければ健康保険証やパスポートなどの身分証明書がまず必要になります。

 

引っ越し等で上記の身分証明書と現住所が異なる場合は上記書類に加え公共料金の領収書または請求書等が必要になってきます。その他に、収入証明書類が必要になります。これは源泉徴収票(最新のもの)、確定申告書(最新のもの)、給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書 

 

※賞与がない場合は直近2ヶ月の給与明細書のみ)のいずれかが収入証明書として認められます。

 

ただし、50万超を借入する必要の無い方は、特にご準備する必要はありません。

最短でお金を借りるための手続きと流れ

各社初めに審査というのを受けます。この審査自体は各社30分ほどで終わります。
審査の内容は氏名や生年月日、住所や性別、家族構成といった個人情報を最初に入力していきます。

 

ここで大事なのはご自身の生年月日です。業者によっては20〜69歳までが対象となっていますのでそれ以外の年齢の方がお金を借りようとした場合は難しいかもしれません。しかし、上記年齢の幅からから外れていても、あきらめずにまずは電話等で相談してみましょう。もしかしてってこともあるかもしれませんので。ただ20歳以下の方は絶対に無理だと思うのでその点は理解しておきましょうね。

 

次に、勤務先情報の入力していきます。ここでは勤務先名、社員数、雇用形態、最終学歴、入社年月日や年収などを入力していきます。

 

ここで重要なのが年収です。

 

現在、総量規制といって原則、借り入れ総額が年収等の3分の1までに制限されています。
ですから、契約時に源泉徴収票や確定申告書、給与明細書などを提出することになっています。

 

ですが50万以下でしたらそれらの書類を提出しなくとも良いので、今すぐお金を借りたい方はまず50万以下で借りることを検討してみてください。

 

また、主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合でも申込みは可能です。
安定した収入が無い方はおそらく審査は通らないと思うのでそこそこ安定した収入があることが重要です。

 

審査が終わりましたら次に契約です。契約は、実際に店舗に行く自動契約機や店頭窓口での来店契約、郵送でやりとりする郵送契約、そして、インターネット上で契約するWeb契約の三つが主になります。この中で今すぐお金を借りたいという人に一番おすすめしているのはインターネット上で契約が完了するWeb契約です。

 

Webで申し込む際は、名前や生年月日、住所や職業等といった簡単に答えられる個人情報を入力していただき、本人確認書類(運転免許証等)を携帯電話のカメラやスキャナで画像データ化し送付する、これが基本的な手続きと流れになります。はっきりいってこんなに簡単にお金を借りることが出来るのって感じることでしょう。

 

上記手続きが終わりましたら、契約内容を確認後、振込みでキャッシングが可能となります。

今すぐお金を借りる際の注意事項

いざお金を借りるとなると漠然とした怖さみたいなのはありませんか?

 

例えば、いつの間にか金利で借金が膨らんでしまい、気が付いたら返済できない金額になっていて自己破産をした。また、ある日うっかりしていて返済を滞っていたら黒い服の人が来て地下の強制収容所で働かされる(カイジみたいな感じ)など。聞いたことの無いような業者であれば、そういった事態も起こりうるのかも知れませんが、安心してください。

 

「今すぐお金を借りる」のランキングでご紹介している業者を利用している限りそういったことは絶対にありません。

 

くどいようですが、現在個人の借入総額の総量規制なるものがあり、そもそも返済が滞るほど多額の額は個人に貸出できません。
よって返済できないという事態には陥らないでしょう。またよく返済が滞ったら怖い人が取立てに来るみたいなイメージがあったりしますが、そんなことランキングで紹介している業者では絶対にありません。

 

実際に当サイトで紹介している業者は大手の業者で評判の良いキャッシング業者ばかりです。
万が一やむを得ない理由で催告状がきて終わりです。催告状が来たのならその催告状にそって返済を行えばなんら問題はありません(若干の割り増し金利はとられますが)

 

もちろん、絶対に支払いを遅れるような事があってはいけません。お金の貸し借りというのは信頼関係に基づいています。
実際にあなたが誰かにお金を貸していて期限を守らなかったらどう思いますか?

 

その人に対する信頼は一気に崩れることでしょう。これは対業者でも同じことが言えます。
信頼を裏切った場合には金融業者はあなたにお金を快く貸してくれることはなくなるでしょう。

 

なので支払期限はしっかりと守って返済が滞ることがないように十分に注意しましょう!

 

さて一応、今すぐお金を借りる際の注意事項について述べていきたいと思います。
特に神経質になるほど注意すべき事項はないのですがいくつか紹介させてください。

 

・悪質な金融業者に注意しましょう。
一般的に聞いたことのある大手の業者は大丈夫ですが聞いたこともない業者の中には利息制限法の上限金利を超えてる等の悪質な金融業者もおりますので注意しましょう。上記で紹介させていただいている業者を選べば問題ありません。

 

・申し込みすぎに注意しましょう
1ヶ月以内に4社以上に申し込みをすると、よくいわれるブラックリストなるものに乗ってしまう可能性があります。いわゆる申込みブラックというやつですね。なので1ヶ月以内に4社以上は申し込まないようにしましょう。また一日に同時に申し込むという方もいますがせいぜい2社までにとどめておくのが得策です。

 

・借りすぎに注意しましょう
ここでいう借りすぎとは金額の大小ではなく期間ですね。金額の大小については総量規制があるのでそもそも多額に借入できませんのでこのサイトをご覧になっている方についてはまず問題ありません。問題は期間です。お金を借りるとわかりますが枠なるものが存在します。枠とはその枠ないではいくらでもお金を借りることができる範囲ですね。

 

問題はお金を借りる期間が長くなるとその枠内の金額がまるで自分の貯金が如く錯覚してしまうことがあるんです。あくまでも借入は借入、借金です。それには金利がつきますので長い目で見たら得ではありませんね。そういった癖がつかないよう、借り入れは必要な時にだけ借入、あとは余裕ができたら返済する。借入れ癖をつけない。これがお金を借りるということで非常に大事だと思います。

お勧めウェブサイト

オリックス銀行
銀行系のカードローンを作りたいという方におすすめなのがオリックス銀行カードローンです。審査には当サイトで紹介しているおすすめ金融業者よりも時間がかかりますが、金利が安いのでおまとめや借り換えに向いています。また300万円以内なら所得証明が不要なのも大きな魅力と言えるでしょう。